老化を抑えるNMNの重要性

20160405

時間というものは人にとって平等に過ぎていきます。人の身体は歳を重ねることによって衰え、病気がかかりやすくなったりします。前回をご紹介させていただきました通り、歳をとったネズミの老化を止め、若返ったという実験が成功しました。この実験は私たち人間にとっても、これからの人生において大きな可能性が期待されます。

そもそもなぜ人は老化していくのか?

私たち人間も含む哺乳類の老化とは、細胞の中にあるミトコンドリアと深いつながりがあります。このミトコンドリアは、自身で独自のDNAをもっており、そのDNAが呼吸運動を行うことで細胞へエネルギーを供給する働きを行います。しかし、私たちは歳を重ねることで、ミトコンドリアの機能が衰え、エネルギーを供給する運動機能が低下してします。結果、糖尿病やアルツハイマー病などにかかりやすくなると言われています。ミトコンドリアの運動機能の低下を含め、老化の原因を簡単にまとめてみますと。

  • ミトコンドリアの衰え
  • SIRT1の不足
  • NAD+の不足

ミトコンドリアの衰え

実験で明確にされたこととは生後6ヶ月の若いネズミと22ヶ月老いたネズミを比較しました。この比較は骨格筋の細胞内の遺伝子情報を運んでいる伝令RNAの値を対象にします。結果としては、細胞核における伝令RNAはあまり差がなく、しかしながらミトコンドリアの伝令RNAの値に大きな差があったと言います。これは歳を重ねることによって、衰えたということが明確されました。この比較により、ミトコンドリアの衰えが、私たちの老化の原因のひとつだと判断できたいのです。

SIRT1の不足

「SIRT1」とは複数ある長寿遺伝子のひとつで、この遺伝子を欠損されたマウスに記憶障害が見れたことで、記憶の調整に関与する可能性があるとマサチューセッツ大学の研究チームが実験結果を出しています。先ほどの二匹のネズミの比較する実験にて発覚した実験にて、大きな差があったもうひとつがこの「SIRT1」と「HIF-1a(低酸素誘導因子)」で、これらはタンパク質になります。

年老いたネズミは、このタンパク質「SIRT1」が不足しており、タンパク質「HIF-1a」が高い値が結果で出ています。「HIF-1a」が増加すると、核やミトコンドリアなどの細胞の構成分子の連携に混乱を大きくもたらす可能性があるとのことで、このふたつのタンパク質の量が細胞核とミトコンドリアに大きく関係しており、細胞内の「SIRT1」の値が高くなることで、核とミトコンドリアの連携をスムーズにし、私たちの老化を抑えられる可能性が発見されました。

NAD+の不足

上記タンパク質「SIRT1」の運動機能をさせているのが分子「NAD+」になります。この分子「NAD+」が不十分だと「SIRT1」の能力が衰える、もしくは監視能力を失ってしまうことがあるようです。つまり、私たちの老化において、注目すべき点はこの「NAD+」の量であること明らかにされたようです。

実験において、NMN SOMAの成分であるNMNはこの「NAD+」の値を上げることができる分子になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です